肩・背中のこり、痛み

右肩の痛み

40歳代 男性 運送業 

 

2〜3日前から右の首筋から肩にかけて重く締め付けられるような痛みがあり、夜もよく眠れない。
以前から軽い肩こりはあったが、今回のような痛みではない。動かさなくても常時痛みがあり、動作による増悪傾向や手へのしびれはない。湿布を貼って様子をみていたが変化がないので心配になり来院。

 

問診表によると病院で制酸剤や中性脂肪の薬を服薬受けており、タバコは1日30本、お酒はビールを1日1本とある。

 

痛みのある部位を触診するとそれほど凝っているわけでもなく、圧痛もない。
もしやと思い、仰向けになってもらい肝臓を触診すると・・・腫れている。

 

念のためもう一度問診。
私「お酒はよく飲まれますか?」

 

患者「えっ?飲みすぎてるのわかるんですか?」

 

ビール1本どころではなかったようです。
それに、1年ほど前から油ものを食べると胸やけがして食べられなくなったそうです。

 

どうやら今回の痛みは肝機能障害からきている関連痛の疑いも見逃せません。

 

関連痛とは内臓疾患などで障害部位とは離れた場所に痛みなどが起こる現象で、肝臓、胆嚢、総胆管の関連痛パターンは、右肩前後、右脇、肩甲骨内側などに痛みが現れたりします。ちなみに心臓や膵臓では左肩に痛みが出たりします。

 

当院の治療としては全身の神経バランスを調整して、さらに肝臓に関連する神経部位の異常を調整しました。

 

施術後は肩の痛みが軽減し体が軽くなったとのことでしたが、もし再発するようなら念のため一度病院で検査をすることとしばらくはお酒を控えるように指導して治療を終えました。

 

 

後日、紹介してくださった患者様の話では治療以後、あれほどつらかった痛みがまったく無くなって喜んでいたとのことです。

 

ちなみにこの患者様、カイロプラクティックは初めてで友人に連れてこられるときには、何をされるのか不安で嫌々来たそうです。でも治療後、こんなすばらしい治療法が世の中に知られていないのはもったいないと、考え方が180度変わったらしいです。
カイロプラクティックの信頼が得られた嬉しい症例でした。

肩の痛み

40代 男性 会社員(デスクワーク)

 

正月明けから右の肩甲骨の内側が痛みだし、だんだんと痛みが広がり今は右肩の痛みと二の腕周辺の痺れも出てきた。

 

整形外科を受診したがレントゲン検査では異常なく、年齢による頸椎の変形が原因ではないかと診断され、湿布・鎮痛剤・電気治療を受けたが全く変化なく、発症から2週間経過し、ここ3日ほどは激しい痛みで夜眠れなかったとのこと。

 

痛みで仕事にならないので本日は会社を休んでインターネットで検索していたら、徒歩1分ぐらいのところに当院があったので藁をもすがる思いで来院したという(当院の存在は知らなかったようです。本当にウチは存在感ないな〜(*_*))

 

検査では上腕を動かすと痛みは多少あるが動く範囲は正常だったのに対し胸椎と肋骨の可動性は減少し、ガチガチの状態でした。

 

「ひょっとしてお正月に冷たいフローリングでうたた寝とかしませんでしたか?」と質問すると、
「何でわかるんですか?正月に床でゴロゴロ寝ていて起きたら痛みが出だしたんです。」とのこと。

 

このパターンで背中悪くなる人って多いんですよね〜、ぎっくり腰とかになる場合もあります((+_+))

 

治療後は痛みも軽くなりこれで仕事に行けると喜んでおられました。

 

皆さんも底冷えには気をつけましょう!!


 
トップページ アクセス 時間・料金 予約・お問合せ 施術内容 治療の流れ